共済会

全商連共済会とは

民商・全商連共済会は、「いのちと健康をまもりあい、元気に商売を」と、1984年に自前の共済を発足しました。民商会員は年齢、健康状態のいかんを 問わず、入院中でも終身まで加入することができ、家族、従業員を含め全国で41万人が助け合いに参加しています。会員はすべてこの共済に加入します。

中小業者は身体が資本

民商共済会は集団健康診断に取り組み、病気の早期発見、早期治療に努めています。「健康で元気に働き」地域の人々に喜んでもらえる仕事をすることが私たちの願いです。
しかし、規制緩和による大型店の出店ラッシュや大企業の海外移転で営業が破壊され、短納期、長時間労働で健康を害する業者も少なくありません。「健康で元気に働く」ためにも、どうしても「休業補償」が必要と、国民健康保険に傷病手当を実施させるために国に対して社会保障制度の改善を求める運動も展開しています。

会費は月額1000円で『入院見舞金、結婚、出産、長寿祝金、火災見舞金、死亡弔意金』を全国の仲間に届け、喜び、悲しみをわかちあっています。あなたの加入で、助け合いの内容は一層豊かになります。
体の調子が悪くても、とことん我慢しているのが中小業者の実態です。医療保険制度の改悪をはじめ社会保障の切り捨てがすすむなか、民商・全商連共済会は、いのちと健康を守る運動を人間の尊厳を守る運動として位置付け、多彩な活動にとりくんでいます。
「仲間どうしの助け合い」は、ほかの保険・共済にはない「民商共済」です。
民商会員1人ひとりがつくってきた共済会に、民商の仲間みんなが加入してこそ、助け合いの内容は一層豊かになります。民商会員はもちろん、夫婦で、家族みんなで加入し、助け合いの輪を広げましょう。

共済会5つの魅力

1、無条件で加入できる

民商会員とその配偶者は年齢を問わず、入院・通院中でも加入できます。会費は前納制で月1,000円です。

加入者の声=白内障手術とそれに伴う糖尿病で10日間の入院でしたが、医療費の高さに驚きました。国民健康保険料も高額ですが、3割負担の重みも身にしみました。今回、共済金を受け取り、ただ感謝です。1人でも多くの仲間を増やして、この喜びを分かち合いたい。(愛知県 M・Nさん)

2、いのちと健康を守る助け合いを重視

民商共済会の集団健診の結果、「健康」な人はわずか15.7%。なんらかの「異常」が指摘された人は7割をこえています。民商共済では、何よりいのちと健康を重視して、早期発見・治療のため集団健康診断の取り組みに力を入れています。

3、自前の共済

「一人はみんなのために、みんなは一人のために」を合言葉に、会費を出し合い、自前の見舞金や祝金を発展させています。
※詳しくは全商連共済会規約・運営規定をお読みください。

4、心かよう仲間がいる

「目くばり、気くばり、心くばり」を合言葉に、身近な班や支部ごとに何でも相談しあえる運営をしています。

5、仲間の数が力になり発展

すべての民商の仲間が加入してこそ、助け合いの内容は、いっそう豊かになります。創立以来、のべ148万人を超える加入者へ836億円の共済金を届けてきました。支払われた共済金は会費収入の8割を超え、他の共済ではまねできないものとなっています。

*詳細につきましては所属の民商にお問い合せください

6、全商連共済会・各種様式(用紙)集

共済金の請求や支払の手続きは、すべて民商共済会をとおしておこなっています。
手続きに必要な各種様式(用紙)は県連・民商共済会に用意していますが、手元にない場合は、以下のボタンをクリックし必要な書式をダウンロードしてください。

 270 total views,  3 views today